西洋医学と東洋医学の両面から治療する鍼灸院「山田鍼灸治療院」

TOP

山田鍼灸治療院にアクセス頂きましてありがとうございました。

◆新年もあっという間に1ヶ月が過ぎ去り、平成31年もあと3ケ月で終りです。この処インフルエンザが猛威を奮っています。予防の重要な項目に①「口呼吸をしないことがあります。枕をすると、下顎は自然と下に落ちますから開口してしまい「口呼吸」になってしまうのです。この処、関東地方は、強い空気の乾燥状態です。東洋医学では、この季節の邪気を「燥邪」と呼び、呼吸器の働きを障害するされています。これは当治療院からの提案ですが、就寝時に「セロテープ」を鼻の下中央(人中)から下顎まで貼ると口呼吸ができなくなります。元々鼻が詰まって口呼吸になっている方は、鼻の治療が先決です。お試し下さい。②お腹を温めて「免疫力」をアップしましょう体温は、36.8℃が適切とされています。体温が1℃下がると免疫力は40%も低下しますが、1℃アップすると免疫力は10倍になるといわれます、この寒い季節は、暖かな飲み物を摂り、根菜が豊富な料理を多くし、お腹に優しい日々をお過ごしください。インフルエンザワクチンの接種をしても、口呼吸をしたり冷飲食の日々では意味がありません。桜の花がみられる頃までくれぐれもご注意ください。

甘酒の効能 *甘酒は、植物性乳酸菌による醗酵食品です。本来、胃腸がもっとも弱くなる夏場に弱った「胃腸の保健」を目的に用いられました。江戸時代は、夏の風物詩として、神田明神の付近の穴倉で造られた甘酒を天秤に担いで売りの姿がありました。近年、麹菌の健康効果が科学的に証明され、甘酒の植物性乳酸菌によって胃腸を丈夫に保つことは免疫力の向上アレルギー予防Ⅱ型糖尿病予防便秘の改善」等に効果的です。なお、「納豆」、「味噌」、「糠漬け」、「芝漬け」等も植物性乳酸菌による醗酵食品です。

甘酒のレシピ1)おかゆ」を作ります。(米一合、水800cc)2)おかゆを55℃位に冷ましてから、市販の「米麹」(200g)を揉みほぐし混ぜます。3)炊飯器を「保温」にして、釜に1~2㎝水を張り容器(タッパ)に入れ蓋をして釜に入れます(60℃以上にならないこと)8~10時間位経過したら甘味を確認します。(強い甘味があったら完成です。甘味不足の時は、更に一時間加温追加します)4)出来た甘酒は、常温ですと醗酵が進みますから、ペットボトルなどに移して冷蔵庫で保存して下さい。(1週間位で消費しましょう。)5)甘酒の飲み方⇒毎食後、大さじで3杯程度は食べましょう。沸騰前に温めて頂きます。*〔ご注意ください〕いきなり大量に摂取すると下痢することがあります。◆皆様の健康保持のために、どうぞお試し下さい.

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆「慢性の痛み」たとえば「」・「おしり」・「」・「」・「」・「背中」・「」・「」・「」など         の痛みが長い間続き、病院では『何の異常もない』言われても痛」みが続いてお困りの方、また、その他の様々な「痛み」について、先ずはご相談下さい

よくお話しを伺いし「鍼灸治療」と「認知行動療法」の二本立てで治療致します。                                                まずは、電話: 0 3 - 3 7 0 9 - 6 2 7 1 mail:yamada89@nifty.com 迄 ご相談下さい。 

痛みが強く歩行が困難な方には「往診」も致します。お気軽にお電話にてご相談下さい。

非結核性抗酸菌症(肺MAC症)に、当院の『免疫力向上』の鍼灸治療をお勧めします!

去る9月24日、NHKTVで放送された特別番組『東洋医学ほんとの力』でも、アフリカの結核患者が「お灸による治療で免疫力の向上によって元気になっている」という内容がありました。山田鍼灸治療院では以前から、今回の放送内容と同様の考え方から、肺MAC症の方々には継続的な自宅における施灸をして頂き良い結果を得ております。

近年、特に50歳から60歳代の女性に増加傾向にあり、鍼灸治療を希望して来院される方が増えてます。当院では、医療機関と併行して鍼灸治療を行ない良い経過を得ています。                      ・非結核性抗酸菌症とは、肺に「結核」と似た病変が生じますが、原因となるのは結核菌ではなく非抗酸菌と言われる細菌で引き起こされたものが非結核性抗酸菌症です。 この病気の原因は「非結核性抗酸菌」ですが、人体に感染するものだけでもその種類は180種類以上あるといわれています。『重要情報』のひとつとして、浴室に非結核性抗酸菌が多く生息するといわれています。浴室の床の隅は、熱湯時をかけること、乾燥させておくこと、スプレーで消毒用アルコールを散布することをお勧めします。                               非結核性抗酸菌症は、結核同様ほとんどは肺の病気ですが、全身どこにでも病変をつくる可能性があります。しかし他人に感染することはありません。発病に関係する重要なポイントは、「免疫力の低下」です。もちろん家系的に肺が弱いとか、肺疾患の既往歴がある人に発病する場合と、健康であっても原因不明で発病する場合などがありますが、この場合も「免疫力の低下」が大きな原因と考えられます

非結核性抗酸菌症の患者さんには、まず「結核」、「肺の真菌症肺炎」、「肺がん」などの鑑別を経た上で、鍼灸治療を行ないます。「非結核性抗酸菌症」は、偶然に胸部検診(胸部X線やCTなどの画像診断(特徴的な異常陰影)、喀痰などの検体から「非結核性抗酸菌」が発見されることにより診断されまが、非結核性抗酸菌症は結核の経過観察中などに見つかる場合がほとんどであり、それまでの自覚症状はほとんどありません。発病してからの症状としてもっとも多いのは咳です。次に痰や血痰、時に喀血することがあります。進行すると、食欲不振、やせ、発熱、呼吸困難などが現れます。一般的な症状の進行は緩やかですが、しかし確実に進行していく傾向があります。非結核性抗酸菌症の現代医学的な治療は、結核と同様の治療を行います。しかし、現在の現代医学では画期的な治療といわれるものはなく、患者数は増加しているのが現状です。現在呼吸器科の医師が最も悩んでいる疾患のひとつです。                                                 このように、非結核性抗酸菌症(肺MAC症)は服薬の他の現代医学的な治療法が見いだされていませんそれは、患者さんの個々の①体質的な問題と、②心因や食生活も含む様々な原因により生じた免疫力の低下」によって普段は何ともない肺MAC菌に感染してしまい発病したと考えられるからです。最近、自身の持っている免疫力は、腸内細菌(腸管フローラ)による「腸管免疫」が70%を占めるといわれるようになりました。山田鍼灸治療院における鍼灸治療は、その患者さんの個々の体質を様々な視点で捉えて対応し、胃腸の機能を整えて「自然治癒力を向上」させる鍼灸治療と生活支援(生活上のアドバイス)を致しますので、先ずはご一報いただきたいと思いいます。                                                電話  0 3 - 3 7 0 9 - 6 2 7 1 mail: yamada89@nifty.com               

山田鍼灸治療院は「統合鍼灸治療」を実践しております。それは、患者さんを「現代医学」と「東洋医学」の両方向から診察し、患者さんの心と身体の治療を行っております。

 

               ◆「肩こり」は、腰痛と共に、人間に宿命的な症状です。ひどい肩こりは、「頭痛」や「めまい」「不眠」、「自律神経の乱れ」など様々な症状の原因となります。慢性の肩こりの方は、どうぞ当院の「根本治療」を是非おためし下さい。「急性の首(頸)の痛み」や「寝違え」も治療致します。患者さんに相応した「自己管理法」を考え手実践して頂き、好評を得ています。                                            ◆東洋医学では、さまざまな病気の始めの症状としてまず「肩こり」が生じることがあります。「肩こり」はごくありふれた症状ですが重大な疾患の前触れ症状の場合もあり、その鑑別(見極め)と早期の治療が大切です。

◆当院では、肩こりの原因を的確に見極め、安全な肩こりには鍼治療とハリを使わない方法、手など、色々なメニューがありますので、お選び下さい。さらに、筋力アップのための「肩こりの再発予防法」をお伝えします。当然ですが医療機関の診察が必要な場合には紹介の手続きを致します

◆最近「未病」ということばを、TVでもよく耳にするようになりました。病気は「気の病」と言われますが、その状況では「不定愁訴」が現れます。これは「自律神経が乱れている状態」であり、鍼灸治療がもっとも適しています。体調を崩された方は、早い機会に「鍼灸治療」を行い「未病を治す」ことを実感して下さい。

電話  0 3 - 3 7 0 9 - 6 2 7 1 mail:yamada89@nifty.com

 

鍼(はり)・灸治療で改善できる主な症状

一般の方の症状(このような症状でお困りの方は、お試し下さい

花粉症    ・ストレートネック    ・頭が痛い    ・常に肩コリがある

頸が痛い寝違え)  ・肩が痛い    ・背中が痛い

ぎっくり腰 、慢性の腰痛(腰椎椎間板ヘルニア) ・肘が痛い

・手、指が痛い    ・膝が痛い    ・脚、足が痛い

胃がもたれる     ・慢性の便秘や下痢

・食欲が出ない     ・めまい、立ちくらみ  ・眼が疲れる

婦人科系の症状(女性でこのようなことでお困りの方は、お試し下さい)

・冷え性     ・更年期障害 ・月経前症候群 ・生理痛

月経不順  ・不妊   ・つわり   ・逆児(さかご)・・・「確かな効果があります

・小児の夜泣き・・・(小児鍼治療も致します)

その他

かぜを引きやすい ・血圧の異常(高血圧症、低血圧症)

生活習慣病予防  ・免疫力の向上  ・乗り物酔い

・不眠症(寝つきが良くない・夜中に目が覚める・多夢・早朝覚醒)

 

最新投稿

  • test

    これが院内風景です。

  • Hello world!

    wpmultisiteへようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !

  • test2

    test2

  • テスト投稿

    テストです